あくびをするしぐさについての心理

スポンサーリンク

一般的にあくびは眠気があるといったことを知らせてくれているサインになっていますが、心理的なサインとしても捉えられます。
その場合、多くは退屈を表しているということで認識されていますが、過度な緊張状態のときにもこのようなあくびというしぐさが見られることがあります。
あくびというしぐさは、眠気を抑えてくれる効果を持っています。
これはどういうことかというと生理的にあくびをすることによって空気が体内に取り込まれることになり、そうすることによって酸素が体内に運ばれ、二酸化炭素が外へと排出されることになるので、血液の中に新鮮な血液が循環することになり、その新鮮な血液が脳へと運ばれることによって脳がスッキリするので眠気もなくなることになります。
他にも眠気を抑えるだけではなく、体温が上がりすぎているときに脳が過剰に熱くなるのでそれを調整してくれています。
ですので、あくびをすることによって冷えた空気を体内に取り込み、調整しています。

スポンサーリンク

あくびというしぐさは心理学的側面から見ると退屈を示しているサインになっています。
学校の授業だったり、ルーティンの仕事などをしているときは、ふとあくびが出ることがありますが、これは退屈を示しているサインになっていますが、心理的にも特に悪い意味合いはないサインとなっています。
このようなしぐさが出ている場合、寝ないで相手の話をしっかりと聞いているというサインにもなっています。
ですので、興味がなかったり、話を聞いていない場合にはそのまま眠ってしまっていることになります。
ですので、このようなしぐさは心理的にも褒めてもいいようなしぐさともいえます。
あくびは悪い意味合いで取られることも多いですが、心理的にも見ることによって良いしぐさにも捉えれます。
ですので、相手があくびをしてるからといって悪い意味だけで捉えるのではなく心理的にも様々な側面から見ることが大切です。
緊張状態や相手の話を聞こうとしているなど心理的にも悪い意味合いはありません。

スポンサーリンク