女性が嘘をつく時の仕草や行動は、無口になる事もあります

スポンサーリンク

嘘などをつく事は、多少であれば誰でも一回位はついてしまう事もあります。
咄嗟に出る場合もありますが、計画的についてしまうなど、事情は様々です。
 女性が嘘をついた時の仕草は、そわそわする行動になる事があります。
そわそわする行動になるのは、心の中の動揺が表れているからといえます。
やはり嘘の内容によって、そこに近くなる状態を避けたいという気持ちが発生する事になります。
核心に触れられそうになるに従って、女性の仕草の中にそわそわする行動が加わる事になります。
 女性によっては、急に饒舌になったり、逆に無口になるなど、場面の変化が著しい仕草や行動になりる事もあります。
饒舌になるのは、何か隠したい嘘などをバレない様に避けよう、避けようとしている気持ちに焦りも読み取れます。
無口になるのは、余計な事を口にしてしまうなどを、恐れている状態でもあります。
表現の仕方としては、女性が心の中で自らの口にチャックをしている様な仕草といえます。

スポンサーリンク

 女性が嘘をついた時の仕草や行動としては、その場を離れるという場合があります。
バレたくない相手とは、明らかに距離を置き、その場から立ち去るなどの行動をとる事があります。
この場合には、女性が計画的に仕草や行動を考えて行っている訳ではなく、まずい、という思いから現場を立ち去るなどになっています。
心理状態としては、現実逃避型のタイプでもあります。
 女性が嘘をついた時の仕草や行動には、相手に甘える、優しくするなどの場合があります。
中には、相手が異性の場合には、ボディタッチなどをしながら、甘えた素振りをする事などもあります。
女性の心理状態の中には、だまし通せるという気持ちが根底に存在しているため、敢えての大胆な仕草などで相手に自ら仕掛けています。
例えばですが、金品を巻き上げるなどが発生する場合がありますが、相手に嘘をつくだけでなく、色仕掛けで近付くという手段などがあります。
極端な例ではありますが、ここからさほど遠くない内容で、女性が目的をもって嘘のために仕草や行動を工夫する事があります。

スポンサーリンク