職場でモテる女の仕草や行動は、男と女を使い分ける女

スポンサーリンク

職場でモテる女の仕草や行動は、女性らしい姿のみではありません。
時と場合においては、男の様な行動や仕草が職場でモテる女へと変貌する事もあるのです。
男性心理の中には、自身に足りない物を補い、より強い姿になりたい欲求を抱えている事もあります。
男性よりも堂々とした職場での仕草や行動は、時と場合においては憧れを抱く事もあるでしょう。
男性心理の中には、潜在的に赤ちゃんの様に甘えたい心理が隠されている事もあります。
幼児時代において、直接、母乳を通して力を授けるのは母親の役割です。
その潜在的な記憶が、記憶に残されている場合もあるためです。
特に、職場での仕事は疲れる事も多くありまして、働く意識が弱まる事によって潜在的な甘えたい思いが現れやすくなります。
それを支えてくれる様な仕草や行動は、母親の様な存在の様にモテる女として映る事もあります。
男性は、感情よりも理性に傾きやすく論理的な説明を好む傾向があります。
耳を傾けてしっかりと聞き取る姿は、男性の欲求を満たし職場でモテる女になれる可能性もあります。

スポンサーリンク

職場の士気を高めてくれる様な仕草や行動は、モテる女として魅力を生み出す可能性があります。
男女平等の社会と言われていますが、肉体的には女性の方が弱い傾向にあります。
その様な女性が士気を高めようとする姿には、男以上に心に大きな思いが込められている姿を潜在的に見えてしまうのです。
仕草で例えるならば、ガッツポーズの姿や率先して前に進み出す行動力などです。
元気な子供を見ると、自身も元気になる様な思いと似ているかもしれません。
男性心理の中には、意外性について興味を抱く方もいます。
女性が現す男性の様な仕草や行動は、意外な姿として映る場合もあります。
職場でモテる女は、女性としての一面もしっかりと現す事もよくあるのです。
例えば、さりげなく髪を整える姿は、女性らしい一面を作り出す事が出来ます。
男性の様な姿と、女性の様な姿の差が生み出される事によって、お互い強調する心理作用が働く場合もあります。
男性の様な姿は、より男性らしい姿として映り、女性の様な姿はより女性らしく見えてしまう心理作用です。
人の心理作用には、快感原則と呼ばれる快感を求めての行動があります。
ただし、職場では、自身を抑制しなければなりません。
その両方を手にするモテる女は、興奮と抑制を上手くコントロール出来る技を持ち合わせているのです。

スポンサーリンク