女性心理はしぐさだけではなく、指輪からも分かる

スポンサーリンク

多くの女性は一般的に、おしゃれとして様々な小物を身につけます。
最近では、携帯を一人一台持つのが当たり前になりました。
そのため、若い人で時計をつける人は減少していますが、それでもお気に入りの腕時計をする人も少なからずいます。
また、仕事上どうしてもつけなければいけないという人もいます。
女性のしぐさには色々な心理が働いています。
そして、このおしゃれをすることにも女性の心理が関係しています。
まず腕時計をする人たちは、他人にかまってもらうのが本質的に好きで、孤独には耐えられないという性格の人が多いです。
同じ理由で好みの指輪をよくつけている女性というのも、自分から自由を制限していると捉えることができ、異性からの束縛や命令を好むという心理傾向があります。
また、好きな男性に尽くしたいという強い気持ちを持つ性格だと考えられています。

スポンサーリンク

 

女性の多くが指輪などをおしゃれとして身につけています。
これは、女性の本質そのものの中に陰が潜んでいて、この陰の本質が「好きな男性に尽くしたい」とか「束縛され一つの家庭に落ち着きたい」という心理欲求を起こさせます。
この欲求が女性の本質に根強くあるため、それが指輪などをはめるという形で現れます。
つまり、女性でも好みの指輪やアクセサリーをほとんど身につけないという人は、男性からの束縛をされたくなく、男性のために尽くしたりしたいという感情も少ないです。
女性が好きな男性にするしぐさには、その男性に好意を持っているかどうかを知る手がかりがあります。
同じように、アクセサリーを付ける女性は束縛されたい、相手のために尽くしたいという心理の表れです。

スポンサーリンク