手を組むしぐさは、様々な理由が心理学に隠されている

スポンサーリンク

手を組むしぐさは、心理学から様々な理由を読み解く事が出来ます。
手を組むしぐさは、相手に対して攻撃的な行動を起こしにくい姿の一つです。
そのため、攻撃的な意思表示が無い事を示すしぐさとして心理学から読み解く事が出来るのです。
このしぐさは例えば、年上の人と接する場合や、権威を持ち合わせている人に示しやすい理由として挙げる事が出来ます。
手を組むしぐさの中には、指と指を絡め合わせる場合もあれば、手を上下に重ね合わせる組み方もあります。
心理学から読み解ける姿として、前者は強い組み方であり、後者はいつでも動きが取れる状態です。
理由の中には、前者は受身的な思いが強く、後者は能動的な思いの強いタイプだと読み解く事も出来ます。
手を組むしぐさの理由を考える場合は、逆の状態を知る事もポイントです。
逆のしぐさとは、手を広げ大きく伸ばしている姿です。
それは、様々な事を受け入れる姿として映る事もあります。
逆に戻す事によって、手を組む姿は拒む姿勢としての理由が隠されている可能性も少なからずあります。

スポンサーリンク

手を組む姿の中には、何かしらを祈る時の姿や物事を考える時の姿として現れる事もよくあります。
心理学によって読み解く事が出来ます。
右手は、左脳による働きです。
左手は、右脳による働きです。
両方の手を手を組む事によって、お互いの脳を刺激しあい、脳の機能をより高め、より集中力を高める理由として挙げる事も出来ます。
この場合においては、手から入っている他の情報の遮断を行い、より意識を集中させる目的も隠されています。
手を組む姿とは、手錠の様に身動きが取れにくい姿の一つです。
興奮よりも抑制に近い働きの一つでもありまして、感情を落ち着かせる場合にも理由として現れやすくなるのです。
怒られている場合や、嘘をついている時などにも、心理学的に言えば不安定な感情を抑えるためにしぐさとして現れる場合もあります。
心理学の基本の中には、抑制と興奮があります。
抑制は、理性によって発達して行く物でして、人間としての大人の特徴もあります。
手を組む姿は、人にしか出来ない姿です。
そのため、魅力的な大人を見せるしぐさとして、心理学的な理由が隠されているかもしれません。

スポンサーリンク