営業をする際には、心理学を応用したしぐさで対応できます

スポンサーリンク

仕事をするに当たっては、相手が存在して、営業を行って売上に繋げるなどの職種の人もいます。
心理学を応用すると、結果に繋がる可能性があります。
 営業をする人は、お客様となる相手の人へのしぐさを考慮して、相手が感じる心理学を応用すると効果的です。
例えば、相手の手をとるのは、ボディタッチともいえますが、相手の心に響くしぐさになります。
初めて出会った時から行うと、相手によっては嫌がられるなど、逆効果になるため、時期を見計らって行う必要があります。
ある程度信頼関係ができた時に、頻繁にではなく、別れ際に行うなどすると、印象が強く残る可能性があります。
 営業をする時に、立ったままお客様にセールストークをする場合には、足をある程度揃えて行うと、きちんとしたしぐさの印象がもたれる事も多くなります。
心理学としては、見た目に揃った状態は、性格などもきちんとした人という印象をもたれる事になります。
つまりは、営業をする人として、信頼できる人という印象にも繋がり、営業が成立する場面にも成り得るのです。

スポンサーリンク

 営業をする人にとって、初めて訪問するお宅などがあります。
おどおどしたしぐさについては、心理学でも相手に不信感を与えかねません。
新人の場合には、営業を行う人としてのしぐさにも、自信の無さなどがにじみ出てしまっている事があります。
心理学では、おどおどしたしぐさは、挙動不審な人として、相手に疑いの念を抱かせる危険性があります。
新人の場合には経験値が少ない訳ですから、多少不慣れな部分があるのも当然の事です。
一方では、不慣れな部分が有りながらも、熱意や一生懸命なしぐさは、心理学でも相手に信頼感を抱かせる可能性も高くなります。
データや資料などを提示する場合にも、お客様の側に立って、指差しなどを丁寧に行う事がポイントです。
相手に必要となる部分を優先して考え、しぐさに繋げる事が大切です。
 営業をする人が、お年寄りなどのお客様を相手にする場合は、心理学もお年寄りに適した内容で応じる必要があります。
しぐさとしては、背中を触るまではいかなくても、支える様な部分を示してあげると、自分の事を心配してくれている、と感じる事になります。
同時に、必ず同じ様な目線になって、少し腰をかがめるなどで背中を支えてあげる様にすると、優しさと信頼感に繋がる可能性があります。

スポンサーリンク