視線を逸らすのは、好意のあるサインでもあります

スポンサーリンク

誰か他の人と視線が合う状態になる事があります。
好意のあるサインである可能性が存在しています。
 職場や学校などでは、ある程度の人たちとは面識ができる様になります。
フロアが違ったり、働く・学ぶ場所が違っても、階段やエレベーターで一緒になると、面識ができたりします。
全く仕事などでの関係性がないのに、視線がよく合うなどの場合に、好意があるサインの可能性があります。
唯、その強さについては、対応する時の言動などを分析する必要があります。
 誰か特定の異性の名前が呼ばれた時などに、視線が合う事が多い場合には、好意をもっているサインである事があります。
好意というのは、心の内に秘めているだけの場合には、誰にも気付かれないままになる事もあります。
本人にしてみると、常日頃相手の存在を強く意識しているため、相手の名前などが呼ばれた時にも、視線が反応してしまうのです。
一瞬のサインになっている場合があり、その後も相手の会話に注意深く耳を傾けて聞いている事もあります。

スポンサーリンク

 相手の動きを追う様な視線は、好意のあるサインでもあります。
誰か他の人たちとの会話をしている場面でも、その輪に加わっていない相手の存在が気になっている状態です。
本人は意識していなくても、自然と相手の存在を察知して、相手の動きに添った視線になる事があります。
他の人には、特定の人に対する好意をもっている内容を話していなくても、好意のあるサインとしてバレてしまうケースもあります。
動く視線の先には、標的が存在している場合があるのです。
 目が合ったのに、逸らす視線は、好意のあるサインの場合があります。
本人にしてみると、まだ自分の好意などを相手に知られたくない状態である可能性もあります。
あるいは、相手と目が合って恥ずかしい気持ちが生じている場合もあります。
まだ明確な意思表示などをしていない時期には、相手を前にすると、準備できていない心が動揺する事もあります。
相手に対する視線は、その人の心の動きも表現しているサインになっている事があります。

スポンサーリンク