顎を触るという心理はどのようなものの表れなのか?

スポンサーリンク

仕草というのは、自分では気づかないのですが、ある一定の行動で必ず、同じ動作を行います。
そのため、その際の行動を理解することで、どのような考え方を持っているのか、また今現状でどのような感情でいるのかと言うことを知ることができます。
これは、非常に生活やビジネスから恋愛まで幅広く活用されて、利用されているものです。
また警察でも行動から人の動きを予測するプロファイリングという膨大な行動、仕草による感情などの資料があるくらいです。
このことからも、仕草によって人の心を理解する事は、あなたが思っている以上に簡単なことなのかもしれません。
日常生活であなたも、多少なりとも人の状況を予測したことがあるのではないでしょうか?
これは、自分の今までの経験則から予測されたもので、ある意味プロファイリングと同じようなものです。

スポンサーリンク

このように、自分の今までの経験に更に心理学を併せ持つことで、人との接し方というのは大きく変わっていきます。
今回はその仕草の中で「顎を触る!」ということについて触れて行きたいと思います。
これは、人よりも優位な状況の場合にみられる行動でもあります。
商談でもよく見られる光景でもあり、それを予測してビジネスマンの方は次の行動にうつると言うこともしばしばあります。
またこの行動はプライベートでは、ナルシストのような、自分に自身を持っている方に多く見られることでもあります。
女性よりも、男性に多く見られる行動でもあり、顎を触る意外にも、顎を触った手をうが貸さない場合には、悩み、考えている、選択中というような考えが見え隠れしていることがあります。
この行動というのは、日常生活でもよく見ることが出来る行動のひとつなので、街中や、職場、学校などで、どのようなシュチュエーションで使用されているのか観察することでより自分を高みに上げることができ、人間関係を築く上で重要になっていくかとおもいます。

スポンサーリンク