好意のサイン「ミラーリング」って何?

スポンサーリンク

皆さんは誰かの行動というのを真似をした経験はありますか?
たいていの方というのは、人の行動を真似した経験があると思います。
それは人としての学びであり、今後の生活にとって糧となる大切な経験だと思います。
人は生まれて赤ちゃんのときから、誰に教えられるわけも無く、真似をするということをします。
まねをしなさい!って言ったから真似をしたんです!という人もいるかもしれませんが、真似以前に、言葉を理解しない赤ちゃんにそんなことを言っても理解できるわけは無くこれは苦しい言い訳だと思います。
さて、それはおいといて、人は見ることで学習をするということが出来ます。
そして、心理学的にこのような行動で「ミラーリング」というものがあります。
これは、上記の学習とは異なるのですが、人の行動を真似るということは一緒です。
ではこのミラーリングについて説明をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

これは、人の好意の表れが強いのですが、意味合いが2つほどあります。
人の行動を真似るということは、その人のことを「尊敬している、あこがれている」
という意識が強いです。
そのため、職場や学校の先輩など、目上の人や、すごい仕事が出来る。運動が出来る。
という人が真似をされることが多いです。
これは学習機能が働いているということが強いです。
そのため、この人はすごいと判断をしたら、その人の真似をするということです。
続いてが「その人を好きである。気がある。」ということがあります。
この場合にも行動を真似てしまうということがあります。
好きな人というのはつい目線で追ってしまったりつい見ている時間が長かったりということがあります。
これによって、学習効果ではないのですが、その人に好意がある場合には心理的に真似をしてしまうということがあります。
このミラーリングに関しては、案外身近な場所でも見ることが出来る行動ですので、自分の周りで同じ行動を真似ていないか見てみるのもいいかもしれません!

スポンサーリンク