頭を掻くという行動の心理とは?

スポンサーリンク

人の行動というのは言葉以上に、心を語るものです。
そのため、行動を見るだけでその人の精神状態や、考えていることが見えてきます。
今回はその行動のひとつで「頭をかく」というものについて書いていきたいと思います。
これは、皆さんも生活している上で経験していることがあると思います。
また、人が頭を掻くという場面を見たことが、多く見たことがあるかと思います。
これはいったいどのような心理状態なのでしょうか?
これはその場面によって異なってきます。
たとえば、仕事などでいらだっている時、やることが多くて困っている時、行き詰ってしまった時などにこのような行動になります。
しかしこの際には、非常に強く頭をかきむしります。
これはやり場のない気持ちを表現する一種のポーズになります。

スポンサーリンク

子供ですと、このような場合には癇癪を起こして、床に寝そべって体を横にゆすりだします。
これと同じような意味合いがあるのですが、大人となると子供のように行動に出るというと事はなかなか出来ないですよね?
そのため、頭を掻くという行動にでます。
また、体というのは、極度の緊張や、怒りを覚えると一時的に頭に血が上り、汗が出たりします。
この行動によって、冷静になったり、クールダウンさせる無意識な行動ともいえます。
ほかにも頭を掻くという行動があります。
それは照れ隠しをする時です。
照れ隠しというのは、状況によっていろいろあります。
たとえば鼻を掻くというのもそうですし、場面によっては口を隠すという行動をとります。
これと同じ意味合いで頭を掻くということがあります。
人前で間違えてしまったり、しまった場合などこのような行動を見たことはありませんか?
後は、あまり見る機会は無いかもしれませんが、告白をした後というのも、照れ隠しから頭を掻くという行動をとります。
このように、頭を掻くというのはいろいろな意味合いがあります。
これは場面によって心理状態はことなりますので、状況により予測するようにしてください。

スポンサーリンク