口に手を当てる仕草から表れる真相心理

スポンサーリンク

嘘をつくと自身がついている虚言からの罪悪感で口元を手で触る行動が多くなるといった、仕草から読み取れる相手の深層心理に今回は注目し、口に手を当てる理由として最も考えられる心理状況について紹介しようと思います。
まず上記でも記載した通り、嘘と口の関係は非常に多い仕草として目に付きます。
これにおいては男女や年齢問わず行動として表現している人が多いのです。
しかし、嘘の他にもその人の隠れた性格をこっそりと表現しているとの表現パターンもあるのです。
目の前で会話をしている相手がなぜ口に手を当てているのか、その隠された理由の一例として秘密主義である可能性が高いというのもよく言われます。
特に笑った時や笑顔の際にこの行動が多い人は、周りに対して必要以上の情報提供を望まないタイプが多いとされます。

スポンサーリンク

 

他にも、自分の嗅ぎ慣れた匂いを感じて心を落ち着かせたり、緊張をほぐそうとするパターンもあるそうです。
特にストレスを受けやすい人や忍耐強い人など日々の日常になんらかの緊張を抱いている人は口に手を当て、その時に感じる嗅ぎ慣れた匂いに安心を求めるそうです。
口は非常にその時の繊細な感情の表現や気持ちの変化を表します。
思い返して心当たりがあった場合はいずれかの心理状態が潜んでいるかもしれません。
少ないパターンになりますが、小さい頃から自立心が高くしっかりとした性格で育った場合は信頼の出来る人に甘えたいという隠れた思いを表現しているといった説や不器用な性格や頑固な性格が潜んでいるとの説もあります。
深層心理に注目して見ると相手の新しい性格の発見に繋がるかもしれません。

スポンサーリンク