服を触る・直すなどの仕草の心理

スポンサーリンク

人にはそれぞれ「癖」があります。
その中のひとつに「仕草」があり、「服を触る・直す」などの仕草を癖としてついやってしまう人がいます。
これらの仕草は、無意識のうちに「言葉では伝えられない想い」のようなものを伝えようとするときに、出てしまうことが多いです。
服を触る・直すなどの仕草の心理は、触る場所によって心理が異なります。
まずは、特に女性に多い仕草で「胸元」を触る場合ですが、自分の服の襟を触ったり、首元のアクセサリーをなんとなく触ったりします。
これは、意中の男性の前でついやってしまう人が多く、「相手に対して好意を持っている」「自分のことをもっと知ってほしい(アピール)」などといった心理が込められています。

スポンサーリンク

 

他に、服を触る・直すなどの仕草には、「焦りや不安」という心理が隠されていることもあります。
これは、ズボンやシャツの裾などを、下に引っ張るような仕草で、どこか落ち着かないような、そわそわした様子になります。
相手に最も伝わりやすい仕草ですから、初デートなどでこの仕草をすると、相手はキュンとしてしまう可能性が高いです。
しかし、注意したいのは、仕事の場合です。
大切な場面で、この仕草をやってしまうと、自信がないように見えてしまうので、相手に不安感を与えてしまうことになります。
そうならないためにも、自覚がある人は、大切な場面の前に、ひと呼吸をおいて、服を触る・直すなどの仕草をしないように気をつけると良いでしょう。

スポンサーリンク