ポケットに手を入れる行動をした時の心理状態

スポンサーリンク

会話をしている時に、ポケットに手を入れるもしくは、手の動きが不自然に感じるという行動をした場合には、その会話の中で大きな嘘をついているもしくは触れられたくはないことが話題となっているということがあります。
また、危機感や不安を感じているような心理状態である場合にも、ポケットに手を入れるような行動をする場合があります。
人は、口や表情には出さなくても、様々な行動やしぐさがその時の心理状態を表していることが良くあります。
手の動きは、言葉以上に感情や内面を表していると言われています。
嘘をついたり、隠し事をしている時には、手の動きから感情などを見破られないように、相手から見えないところへと隠そうとする本能が働き、ポケットに手を入れるという行動をするのです。

スポンサーリンク

 

嘘と一口に言っても、その程度には、違いがあります。
冗談で済ますことが出来るようや嘘や隠し事があった場合、軽い不安感を感じた場合などは、ポケットに手を入れるようなしぐさは起こさないことが多いようです。
つまり、そのような行動が見られた場合には、重大な嘘をついているか、隠し事がある、大きな不安を感じている時であると言えるのです。
緊張や不安を感じた時には、手が震えてしまったり、普段はそれほどかかない汗を手のひらにかいてしまうことがあります。
そのような時には、すぐにポケットの中に手を隠してしまうものです。
もし、そのような行動が見られた場合には、隠し事があると考えても良いでしょう。
会話をしている相手の顔だけではなく、体の動きにも注目すると良いでしょう。

スポンサーリンク