手の無意識なしぐさの心理学

スポンサーリンク

体の部位の無意識なしぐさから、心理学でさまざまなことを分析することが可能です。
無意識な手のしぐさから、その人のその時の心理状態がわかり、心理学的に分析できます。
手のしぐさは、その場で、人とのコミュニケーションに積極的な気持ちの状態の場合、手の動きが大きくなることが多く、自分の気持ちを、人に多く伝えたいという気持ちがあらわれ、手のしぐさが自然と大きくなるのです。
そのしぐさも、個人差があります。
人は、他の体の動きなどによっても、自分の気持ちを表現することは、多々見られることで、心理学的に分析すると、その人の性格、気持ちが、ある程度、理解でき、それにより、人間関係のより良いコミュニケーションに結びつけることも可能となります。

スポンサーリンク

 

ほかにも、無意識な体の動きにより、その人のその場の心理だけでなく、性格も、知ることができます。
大きな動きをする人は、積極的な人、おおらかな人、明るい性格の人というふうに、理解できます。
それと、もしかすると、大きな動きは、大袈裟にものごとを表現する人ということもできます。
反対に、体の動きの小さい人は、まず、考えられるのは、おとなしい人、消極的な人、人とのコミュニケーションが苦手な人、気持ちの動きが少ない人、というふうに、分析されることができます。
緊張感から、体の動きが小さくなることもあり、ひどいときは、震えが生じることもあります。
人の体の動きだけでなく、声の感じ、顔の表情などからも、その人の心理、性格は分析可能です。

スポンサーリンク