失礼なしぐさに見られるあくびの心理学的な受け止め方

スポンサーリンク

脳内の血液循環が鈍ってくると、人は眠気を感じるようになります。
しかし、時にはその眠気を我慢しなくてはならないこともあります。
そのような時に出るしぐさとして、あくびがあります。
あくびは、顔の筋肉を大きく動かす必要のあるしぐさですので、そのような行動をすることにおり、脳に刺激を与えているのです。
つまり、会話をしている途中で、相手があくびを我慢しているような行動が見られた場合には、退屈を我慢しているという心理状態であると考えられます。
話題をカエルなどして、相手の興味のあることを考えてみましょう。
一見すると失礼な行動とも受け取ることが出来る行動ですが、心理学を学んでみると必ずしもそうであるとは限らないということが分かります。

スポンサーリンク

 

あくびは眠気や退屈を感じた時に出ることが多いのですが、心理学ではリラックスを必要としている時に出る行動であるとも言われています。
緊張状態が続くと、心身ともに疲弊してしまいます。
そのような時は、交感神経が優位な状態になっているのですが、この状態から副交感神経が優位な状態へと切り替える時に、深くゆっくりとした呼吸が有効であると言われています。
これは、深呼吸でも良いわけですが、深呼吸は意識して行う必要があるため、無意識の行動として、深呼吸ではなくあくびが出ることもあるようです。
緊張状態を抑え、自分自身をリラックスさせるためにこのような行動・しぐさが見られることもあるので、頭ごなしに怒ることは避けたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク