上目遣いで話す癖からわかる心理について

スポンサーリンク

人の何気ない癖やしぐさには様々な心理があらわれている場合があります。
それらの心理を知っておくと、人間関係を築く上で役立てることができます。
たとえば上目遣いをして話す癖にもいくつかの心理があらわれています。
女性が男性に対して上目遣いで話す癖がある場合には、相手に好意を抱いていることが多いとされています。
女性の上目遣いで話す癖は男性に対して行うことで、ちょうど大人が子供を上から見下ろしたようなかたちになるため、男性はかわいいと感じます。
女性も子供のころに大人を見上げていた体験を覚えているため、女性の上目遣いで話す癖からは相手にアピールをしている場合が多いとされています。
逆に男性の上目遣いで話す癖は威嚇や攻撃を表します。
オオカミなどの動物が攻撃のときに威嚇のために上目遣いになるのと同様とされていて、威嚇や攻撃の心理を表しています。
このように上目遣いで話す癖は男性が行うか女性が行うかにより、意味合いが大きく異なります。
同じ癖やしぐさでも行う人の性別などにより表している心理が異なる場合もあるため注意しましょう。

スポンサーリンク

上目遣いで話す癖は幼少期の子供が行う行動の名残で、欲求をしたい時にする行動心理が目の動きに現れてきています。
具体的には女性が男性に、子供が大人に上目遣いで何かをしてほしい、何かがほしいと言われると言われた側はついつい相手の欲求をかなえてしまいます。
また上目遣いで話す癖は恋人や好意を抱いている場合に女性が男性に対して行う場合には相手に「頼りたい」「甘えたい」という心理の表あらわれでもあります。
女性がこのようなしぐさをすることで男性は女性が自分に対し好意を持っていると感じ、そこから男性の中で甘えさせてあげたいという心理が生まれます。
上目遣いで話す癖は女性に多くみられます。
女性が行うこの仕草には男性に引っ張ってほしいという心理があらわれていて、子供が親に甘えて物をねだる行動と似ています。
逆に男性がこの仕草を行う場合には注意が必要です。
この仕草を行う男性は積極的な意見や行動などをあまり行わないとういう行動心理と考えられています。
特にビジネスの場面などでこの仕草を男性がした場合には注意する必要があるとされています。

スポンサーリンク