会話中に手をポケットに入れる仕草が意味する心理状態

スポンサーリンク

人と会話中に突然手や腕をポケットに入れる仕草が意味する心理状態として、不安や警戒といった心境であることが多いです。
特に集団行動をしている時において、みんなで行う会話中にこのような仕草をしていたら要注意となります。
会話中でも手や腕をポケットに入れている場合には、周りにいる人を警戒している可能性が非常に高いです。
本音を話したくないという心理状態にある時に、手や腕をポケットに入れる仕草が多く見られます。
この場合における対処法として、集団で行う会話中ではその人にあまり話しかけない方が良いです。
そして会議などが終わったあとで、個別に改めて気持ちを再確認するという方法が良いです。
警戒している心理状態が働いていますが、個別なら相手も本音で話してくれることもあります。
ただ心理学上において、会話中にポケットに手や腕を入れている人には必要以上に追及はしない方が良いです。
追求するとさらに心を閉ざしてしまう可能性があるので、そのような仕草を見せてもあまり攻めないほうが良いです。
なのでそういった仕草をする相手がいる場合には、他の人が上手に会話に参加出来るように誘導する必要があります。

スポンサーリンク

 心理学上における会話中にポケットに手や腕を入れる仕草の理由として、相手に本音を話したくないという気持ちがあります。
ですがそういった心理状態だけではなく、2つめにまったく別のことを考えている可能性もあります。
何か重要な考え事や悩み事がある場合においても、突然会話中に手や腕などをポケットに入れる仕草を見せることがあります。
ポケットは手や腕を隠しやすい場所であるので、相手に対して警戒心を持っている時に見せることが多い仕草となります。
この場合における解決策として、心理学では相手の悩みを聞いてあげることが重要としています。
なので個別に話を聞いてあげることによって、こうした問題を解決出来ることもあります。
よって会話中にポケットに手や腕などを入れたとしても、必ずしも相手に警戒心を抱いているわけではないです。
心理学ではこのように一つの仕草から、相手の気持ちや心情などを瞬時に見分けることが出来る学問となっています。
そのため上手に活用することによって、人間関係をより良好なものにすることが出来るのが特徴となります。

スポンサーリンク