心理学上における営業で使用出来るしぐさとは

スポンサーリンク

心の病や悩みなどを解決することが出来る学問が心理学となりますが、その一方で仕事や日常生活に活用することも可能です。
そこで営業マンが知っておくと役立つしぐさをいくつか紹介していくと、1つめに商談相手の隣に座ることがポイントです。
心理学上隣に座るということは、自分が相手の縄張りやパーソナルスペースに入ることになります。
なので商談などの営業活動を行う場合において、隣に座るというしぐさを行うと業務が成功しやすくなります。
確かに心理学上ではとても有効なしぐさとなりますが、その一方で失敗する可能性も高い営業活動でもあります。
人によっては個人の縄張りに入られることを嫌うこともあるので、その場合にこのようなしぐさを行うと失敗することが多いです。
ポイントとしていきなりこのしぐさを行うのではなく、最初は相手と向き合う形で商談などの営業活動を進めていきます。
そして適度なタイミングを各自で判断して、そこから隣に座って商談を進めていきます。
心理学上ではこのような効果が得られますが、その一方で失敗すると信用を失ってしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

 2つめの心理学上における有効な営業活動やしぐさとして、スーツや衣類の色に注目をします。
色によって人に与える印象というものが異なっており、赤であれば興奮しているまたは奮起しているなどを伝えることが出来ます。
ですが営業活動の時にはあまり適さない色であるため、心理学を参考にする場合には逆に落ち着いたカラーの方が良いです。
緑や青などは比較的落ち着いた色となっているので、営業活動をする際にもピッタリです。
そして丁寧なしぐさや動作を心掛けることによって、相手にトラブルなしもしくは穏便に営業活動などを済ませることも出来ます。
心理学上必ずしも商談が成立するだけではないですが、逆にトラブルも起こす可能性も低くなっています。
営業活動では信頼を無くすことは禁止されているため、このようなことを意識すると良いです。
このように心理学の特徴として、ちょっとしたしぐさや工夫によって人に与える印象が大きく異なっていきます。
なのでトラブルなく穏便に商談などを行いたい場合には、緑や青といった落ち着いた色のネクタイなどを着用して進めるのがポイントです。

スポンサーリンク