女性の恥じらいを伴った仕草は、男性からモテる場合が多くあります

スポンサーリンク

男性の場合、男らしさが求められる事もあります。
同じ様に、女性の場合にも、らしさが感じられると、モテる状態に繋がる事が多くなります。
 女性の恥じらいを示す仕草は、男性からモテる場合が多く見受けられます。
例えば、笑う場合にも、少しうつむき加減で下の方に視線を逸らす状態になる事があります。
恥じらいを示す仕草は、男性にとっては同時に可愛らしさを感じさせる場合も多くなります。
うつむき加減で、口を隠しながら笑うなどは、男性では余り見られない仕草でもあります。
男性にとっては、同性では見られない様な、どちらかというと弱々しい女性の仕草が、恥じらいがあって可愛いと判断される場合も多いのです。
恥じらいをもった女性の仕草は、男性にとっては珍しく映る事もあり、心の印象に残ってモテる場合が多くなります。
 モテるという事は、多くの男性からの支持を得られる状態でもあります。
多くの男性自身には普段当てはまらない様な部分が感じられると、一瞬であっても心が引き付けられてしまう状態になります。
恥じらいとは、女性らしさとして捉えている男性も多いのです。

スポンサーリンク

 女性の恥じらいをもった仕草の中で、ごめんなさいねという言葉と共に、ちょっと手を添えてその場を通り抜けるなどは、モテる内容でもあります。
例えば、職場などにおいても、人が多くて通り難い現場になっている場所などがあります。
何も言わずにその場所を通り抜けるよりも、言葉をかけながら、手を相手や周囲の人に添えながら通過するのは、女性らしい恥じらいの仕草になります。
男性の場合には、異性に対して軽くであっても、中々相手に手を添えるなどを行えない状態も多くなります。
女性のソフトタッチであれば、男性からは、逆に恥じらいのあるモテる仕草として捉えられる場合もあるのです。
 女性がハンカチをもって顔周辺を押さえる仕草は、恥じらいに通じるモテる内容でもあります。
男性の場合には、ハンカチなども普段余り使用する機会がない、という人も見られます。
しかし、女性はハンカチを所有しているのが常だと思っている男性もいます。
ハンカチを握り締めたり、顔の一部に押し当てながら、笑う、何かを考えるなどの状態は、女性らしさの一面でもあります。
ハンカチなどは、幼児がブランケットや布状のものを抱きしめる状態にも通じるアイテムです。
大人になっても、何かに添える状態を示されると、恥じらいのある仕草としてモテる場合があります。

スポンサーリンク