何気なくおでこをさわる仕草で分かる心理

スポンサーリンク

人が何気なく行う仕草には、心理学的に意味があるものと言われています。
例えば、無意識におでこをさわってしまうような仕草からも、さまざまな心理状態がうかがえます。
そもそもおでこをさわってしまう時はどんな時なのかを考えてみると、「うわっ、失敗してしまった」とか「はあ、どうしたら良いのだろう」など焦りであったり動揺していたりするときに無意識にさわってしまうことがよくあります。
実は、この仕草は理にかなっているもので、おでこ(額)には脳の前頭葉が位置しているのです。
この脳の前頭葉はどのようなものかといえば、人がさまざまなことを考えるための重要な場所、つまり人間の思考や理性、判断力などを制御している部分です。

スポンサーリンク

 

理性をコントロールして人が社会でうまく生きていくために、とても重要な部分といえます。
万が一この前頭葉が何らかの問題を発生してしまうと、自分の感情を押さえられない上に何事にも我慢がきかないなど大変な症状が出てしまうほどです。
さて、このように人間が感情をコントロールする上で重要な前頭葉がおでこにあると認識した上で、そこをさわる仕草の意味を考えてみれば、なるほどどうすればよいか頭をフル回転させて考えている状態なのだと分かります。
どうすれば一番良い解決策を導き出せるのかを必死に考えているわけです。
ですから、誰かと話しているときおでこに手を置く仕草をしたときは、困っているとき焦っているとき悩んでいるときなどが該当します。

スポンサーリンク