服を触るしぐさや直すしぐさから考えられる心理について

スポンサーリンク

無意識に服を触るしぐさをしたり、服装を直すしぐさをする癖を持っている人がいます。
服を触るしぐさや服装を直すしぐさには様々な心理があらわれています。
たとえば他人の襟や胸元の服を触る、服装を直すといったしぐさをした場合には触られた対象に気があるケースが多いと考えられています。
同姓や異性は関係なく同じような心理からくるものと考えられています。
母親が子供の胸元のボタンをかけなおしてあげるといった行動と同じとされ、このとき服を触る、服装を直す対象になっている相手に対して、自分にも同じようにしてほしいという心理からくる行動とされています。
相手の服を触る、服装を直すといった行動は同姓が相手なら多少気になる程度で済みますが、異性の場合には注意が必要です。
相手との関係性が浅いうちに服を触る、服装を直すといった行動をすると不快感を与えてしまう場合もあるため気を付けましょう。
このように相手の服を触る、服装を直すといった行動には相手への行為の心理があらわれています。
相手の服を触る、相手の服装を直すといった行動をさりげなく行うことで相手との距離を縮める手段として活用することができます。

スポンサーリンク

服を触る、服装を直すというしぐさには様々な心理があらわれています。
たとえば来ている服の端を触るしぐさには相手に不安な心理を抱いていると考えられています。
会話の内容に不安を感じさせるような点があったり、初対面の相手などが相手の場合に自分が着用している服の端を触ることで気持ちをなだめようとしています。
また服の端を触るしぐさは比較的小さな子供に多くみられるしぐさでもあります。
いずれの場合でも服の端を触るしぐさにはストレスや緊張、不安や恐怖などをなだめようとする心理があらわれています。
会話の途中に相手がこのようなしぐさを行った場合には不安を感じていると判断しましょう。
うまくそういった心理を読み取ることができると相手との関係を築く上でとても有効に利用することができます。
相手の不安な気持ちを解消してあげましょう。
自分の身の上話をしたり、失敗談などをすることで相手の不安や緊張を緩和させることができます。
特に失敗談には人を安心させる効果が期待できます。
それは失敗談を話すことで相手への共感が生まれるからです。

スポンサーリンク