ついついやっている顔を触る仕草から読み取れる心理

スポンサーリンク

上手に嘘をつく事は想像以上に難しいものです。
どれだけ意識しても無意識の仕草や態度、癖に人間は心理が出てしまいます。
人間の行動の八割は無意識に行われているともいわれ、そんな日常の何気ない仕草にこそその人の深層心理であったり、拒否や愛情といった感情が表れるのです。
一例として笑う時に無意識に手で顔を隠すという癖がある人がいます。
口元は顔の中でも如実に感情が出るのです。
ここを隠す癖がある人は自分の本当の気持ちを見せないでおきたいという秘密主義であることが多く、人と打ち解けるのに時間がかかるタイプの人間といえるでしょう。
嘘をついている人間がやりやすい仕草でもあります。
ただ気になる異性との会話中にこの癖が相手に見られた場合、相手が好意を抱いている可能性もあります。

スポンサーリンク

 

顔を触るという仕草は触れるパーツによって相手の感情や心理を読み取ることができるでしょう。
同じ顔を触る行為でも全く違う意味を持ちます。
会話中に鼻を擦ったり掻くようにしていたら相手が嘘をついている事があります。
鼻はその人のプライドや自意識を象徴しているからです。
髪の毛先をやたらと弄んだり、口元に指先を近づけるようにしていたら不安感を覚えていたり何か動揺することが内心にあるのかもしれません。
唇を頻繁に触るならセックスアピールの可能性があります。
恋愛に対して貪欲であり自分の魅力にも自信があるタイプです。
会話していて顎に手をやったら何かの理由で自分が優位に立ったと認識した合図でしょう。
この仕草が癖になっている人はプライドが高いと思っていいです。

スポンサーリンク