恋愛心理学における笑わない仕草の理由とは

スポンサーリンク

通常笑わないという仕草が持つ意味や理由として、相手に興味や関心がないという形に認識されることが多いです。
しかし恋愛心理学においてはその意味合いや理由が異なっており、笑わないという仕草は逆に好意を持っていることの表れとなります。
恋愛心理学においては、男性女性に好意を持っている場合には歯を見せて笑わない仕草が自然と多くなります。
その理由についてですが、恋人関係になる前では相手の気持ちを知ることが出来ないからです。
友達や知り合いという段階では、好意を持っている異性が自分をどう思っているか知ることが出来ないです。
なので恋愛心理学においては、好意は持っていることを隠しつつもどこか警戒している心理状態となっています。
そのため恋愛心理学において、仮に好意を持っていても思いっきり笑わないという仕草を取ることがあります。
一見すると無表情という仕草にもなってしまいますが、その理由については好意があるからとなっています。
よって恋愛心理学という学問において、必ずしも笑わないことは相手に興味がないという理由にはならないです。

スポンサーリンク

 恋愛心理学における笑わないという仕草や理由について、好意という感情を相手に対して持っていることが関係しています。
しかしただ笑わないという仕草だけで恋愛心理を判断することは難しいので、他にも目が笑っているかで比較することが可能です。
目を見て笑っている場合には、女性に対して恋愛心理やそれに近い感情を持っている可能性が高いです。
逆に何の変化も見られないケースについては、恋愛感情を持っていないことになります。
目が口以上に感情が表に出やすい部分でもあるので、このような理由から相手の心境を把握することも可能です。
また笑わないという仕草以外にも、女性の気を引こうとする動作があるか否かもポイントとなります。
女性の気を引こうとするには好意を持っているという理由があるので、それを一つの判断材料にすることも可能です。
こういった形や方法で、男性の恋愛心理について客観的に把握することが出来るようになっています。
特に合コンやパーティーといった異性が集まりやすい場所において、このような恋愛心理が出やすいのもポイントです。

スポンサーリンク