恋愛心理学における男女別の声のトーンの違いについて

スポンサーリンク

恋愛心理学上における男女間の声のトーンの違いについて説明していくと、1つめに男性の場合にはそれほど変化することがないです。
男性は女性に比べて話し好きということがないので、恋愛心理学において声のトーンに違いが出ることはほとんどないです。
しかし男性の中でも話し好きというケースについては、好きな女性の前では声のトーンに違いが出ることがあります。
声のトーンが高くなるというよりも、気持ちが高揚して早口になることが多いのが特徴です。
恋愛心理学において、男性の場合には女性に比べて声のトーンや表情における違いが出にくい傾向があります。
逆に男性の場合には低い声を出すことが多いので、恋愛心理学上においてもそれほど違いが出ることはないです。
声の高低差ではなく、行動という形で好意を持っている女性に対して変化が出ることはあります。
エスコートという形で行動する機会が多くなるので、その点が恋愛心理学における男性と女性が異なっているポイントとなります。
よって普段から話し好きという男性でない限りは、声のトーンの違いは基本的に発生しないです。

スポンサーリンク

 女性が好意を持っている男性に対する恋愛心理学上の声のトーンについて、普通の異性に比べて1トーン高くなることが多いです。
これが最大の違いとなっており、恋愛心理学では好意や魅力的な男性の前で自然に行うことが多いです。
女性の高い声は男性にとって心地よい音色のようなものなので、自分を魅力的にアピールするために行っています。
ですが女性自身は特に意識して行っていないことが多いので、無意識の中でこのような違いを使い分けています。
なのである程度恋愛感情がある場合において成立しやすいですが、中には例外もあります。
一目ぼれという形でも、恋愛心理学上において声のトーンに違いが発生することがあります。
また合コンといった集まりやパーティーなどの場合にも、魅力的と感じた男性に対して声のトーンが高くなることもあります。
本来女性は話し好きという性格であるので、男性に比べてこのような違いがはっきりと出やすい傾向があります。
このように女性の場合には無意識で行っていることが多いですが、男性に対して何らかの魅力や好意を持っていることは共通しています。

スポンサーリンク