女性の足を組む仕草に隠されている心理

スポンサーリンク

ボディランゲージという言葉があるように人間は身振り手振りや表情、顔色などの仕草で自分の気持ちを相手に伝えることがあります。
意識的に行うもののみならず、これらは無意識に行っていることも多いです。
そうして無意識に出るそういった仕草は時に言葉や表情よりも相手の心理を明確に表している事が多いのです。
例えば足を組む、という何気ない動作も相手と状況によって内面の心理や、相手の人となりを推し測ることができます。
例えばもし気になる女性が自分の前で足を組んでいたらその女性は少なからず気を許しているかリラックスしている、こちらに好意があるといえるでしょう。
足をよく組み替えたり、ぶらつかせたりする動作があるなら更に可能性は高いです。

スポンサーリンク

 

同じように足を組むといっても固く閉じるようにして動かさないでいるなら緊張しているか、こちらに警戒心を持っているといえます。
コミュニケーションをとる際の参考にしましょう。
また足を組む際に右足を上にして組んでいたら内向的でリードを求めるタイプ、左足が上ならば社交的で対人関係でも積極性があるといわれています。
ちなみに組んだ足が小刻みに揺れている、つまり貧乏揺すりをしていたら退屈しているかストレスを感じている可能性がありますが必ずしも悪い兆候というわけではなく恋愛においては現状に満足していない、つまりこちらからの一手を待っている状態ともいえるのです。
手を繋いだり肩を抱くといったボディタッチをしてみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク