目を細める男性心理について

スポンサーリンク

人間の行動は何気ない仕草や動作から把握出来ることもあり、男性の目を細めるという行為における心理状態は大きく分けて2つあります。
1つめに考えられる心理状態として、男性が目を細める時には何かに警戒している可能性があります。
人や対象物をじっと目を細める場合において、様子見という形で心の中では警戒していることが多いです。
相手の特徴や性格などを把握出来ていない時に表れることが多い心理状態で、表情も険しい顔つきになります。
職場や仕事を行う上において、営業マンなどが初対面の相手や商談相手に対して軽く目を細めるケースがあります。
それは相手がどんな人物であるのかを調べるためであり、それによって自分がどう行動すべきか把握することも可能です。
男性心理において、目を細めるという行為は相手に対して何らかの警戒心を持っている可能性が高いです。
その相手の反応や仕草によって、自分が取るべき対策や動作についても色々と変化していきます。
なので男性が険しい顔つきで目を細める時には、相手に対して警戒心や様子見をしていると判断することが出来ます。

スポンサーリンク

 2つめの目を細める男性心理における特徴として、親愛の情を示している可能性があるのもポイントとなります。
ペットや自分の子供を男性が見つめる場合において、目を細めるといった形で愛情表現をすることがあります。
この場合における男性の心理状態として、相手に対してまったく警戒していないことを表しています。
そのためこのような表情を見せることが多いのは、プライベートな環境で顔が緩くなってしまうことがあります。
同時に声のトーンも落ち着きを感じさせることが多いので、そういった違いからも男性の心理状態を判断することも出来ます。
ですがそういった安らぎといった心理状態の他にも、嫌な気持ちになっている時にも目を細めることがあります。
一種の拒否反応として、男性が突然目を細めてしまうこともあるので注意が必要です。
この場合やケースの特徴として、表情が苦痛に感じているような顔つきになることが多いです。
視線や目を合わせたくないような環境にいる場合にも、このような動作をすることがあります。
なので必ずしも友好や親愛といった感情表現ではないので、その点には十分に注意が必要です。

スポンサーリンク