鼻をさわる仕草は心理状態に照れくさいなどの意味があります

スポンサーリンク

顔は、凹凸がある部分でもあり、一部を自分の手で触る場面などもあります。
日常生活の中で、鼻をさわる仕草なども見られる事があります。
 鼻をさわる仕草の意味は、心理状態に悩んでいる何かを抱えている事を表しています。
悩みの内容については、咄嗟に聞かれた事に対して、うーんと唸っている様な簡単なものもあります。
あるいは、自分がこれから行おうとしている事に対して、真剣に悩んでいる心理状態を意味している場合なども見られます。
いずれにしても、次の行動、会話に出る前に、悩んでいる状況といえます。
 鼻をさわる仕草は、照れくさい心理状態の時にも見られる事があります。
意味としては、照れくさい状況を感じているために、照れ隠しで鼻の下を擦るなどの動作になっています。
人によっては、指を曲げてグーの様な状態にして、人差し指の関節部分だけを使って鼻をさわる仕草になる場合もあります。
心理状態に照れくさい感情を有していますので、何もしない状態ではいられないのです。
意味としても、照れくさいから自分を見ないで、恥ずかしいという心理状態なども読み取れます。

スポンサーリンク

 鼻をさわる仕草は、自分に何かを問いかけている心理状態の意味をもつ事もあります。
仕草として、利き腕の人差し指の先の方で、自分の鼻をさわる状態などが見られます。
鼻は、自分を指す、私ですか、などを意味する事もあります。
つまり、自分自身に問いかけている状態でもあるのです。
疑問をもった場合などにも、あれっという心理状態で鼻をさわるのです。
おかしいな、と思った場合には、多少笑顔になっていたり、一人でいても微笑みが浮かんでいる場合などもあります。
 鼻をさわる仕草は、自分で以外にも、人がさわるなどの仕草になる事もあります。
人の鼻をさわる仕草の意味は、心理状態に軽く叱責する様な部分があります。
唯、鼻の場合には、顔の一部であり、中央に位置している大切なところでもありますので、相手との関係性も深い事が前提とされます。
年上の先輩が後輩に、上司が部下になど、面倒を見ている可愛いヤツという意味で鼻をさわるなどの場合もあります。
真剣に強く怒る様な場合には、相手の鼻などをさわる余裕もなくなります。
敢えてコラーという見せしめのために行っています。

スポンサーリンク