視線を上目遣いする仕草が意味する心理状態とは

スポンサーリンク

男性が視線を上目遣いする仕草が意味する心理状態として、威嚇や攻撃心を示す時に行うことが多いのが特徴です。
相手に威圧感や敵対心を与えることが多い仕草となっており、この場合に視線を上目遣いにすることがあります。
心理状態として相手より自分が優位になりたいという気持ちになった時に、視線を上目遣いにすることがあります。
無意識というよりも、相手に敵対心を持っている時において行う仕草となっています。
男性の場合には、相手や目の前にいる人に負けたくないという心理状態の表れとなっています。
ただこのような気持ちを口にすることはないため、目や視線を上目遣いしながらも心は警戒していることが多いです。
また異性と二人きりでいる場合において、相手を信頼していない警戒していることが多いのが特徴です。
なので男性がこのような仕草をしている場合には、女性にとって脈なしという形で認識をした方が良いです。
ですがその後の関係によっては、女性の努力によって良い方向に改善することもあります。
よって敵対心や警戒心を解かせる心理状態にすることが、恋愛を上手に行っていく秘訣となります。

スポンサーリンク

 女性が男性に対して視線を上目遣いする仕草を見せる場合には、相手に対して好意を持っている可能性が高いです。
視線を上目遣いすることによって、大人が子供を見るような可愛い気持ちや心理状態になることがあります。
自分の可愛さや敵対心がないことをアピールすることが可能なので、女性が男性の前でこの仕草を見せる時には脈ありとなります。
また合コンなどでこのような視線による上目遣いをしてきた時には、男性がアプローチすることで高い確率で恋愛関係になります。
敵対心や警戒心がないという心理状態なので、男性にとって女性がこのような仕草を見せた時にはチャンスとなります。
さらに女性の場合には、敵対心を持っている時に視線を上目遣いすることは基本的にないです。
女性が敵対心や警戒心を持っている時の心理状態として、視線を合わせないことが多いです。
これが男性の心理状態における違いとなっており、このような仕草となって気持ちが表れることが多いです。
よって女性が上目遣いを見せるのは、好意を持った男性に対してのみ行う一種の愛情表現となります。

スポンサーリンク