会話中に足を組む仕草や態度からの心理分析について

スポンサーリンク

会話中に足を組む仕草を見せる人は、様々な心理状態が推測できます。
例えば会話中に身体をこちら側に向けて足を組む仕草を見せる人は、自分の話に興味を持っている心理状態が推測できます。
その理由は、人間は興味が高い相手に対して足を向ける傾向があるからです。
そのため、会話中に足を反対方向に向ける人は、会話の相手に興味が薄い心理状態が推測できます。
さらに会話中に頻繁に足を組む仕草を見せる人は、会話を早く切り上げたいという心理状態が推測できます。
なぜなら、人間は気持ちが焦ると足を何度も組み直して落ち着こうとするからです。
会話中に重要な事は、足の動きと同時に相手の態度を観察することです。
例えば何度も足を組む人であっても、会話の声のトーンがハイテンションである場合は、その会話の相手に興味が向いている態度であると推測できます。
さらに、足を組む仕草を見せる事によって自分の魅力をアピールする女性もいます。
この場合、男性に対して甘い声や態度を見せることが多いです。
さらに興味が薄い相手に対しては、足の裏を見せる男性も存在します。

スポンサーリンク

会話中に足を組む仕草や態度などで、相手の心理状態を分析できます。
例えば頻繁に足を組むと同時に貧乏揺すりをする人は、相手の会話に退屈をしている態度であると言えます。
もっとも同じ貧乏揺すりであっても、女性の中には相手が消極的であるために、内心の焦りが貧乏揺すりとなって表れている人もいます。
このような女性の深層心理は寂しさの表れですので、積極的にスキンシップを取ることによって貧乏揺すりが治る事があります。
また会話中に頻繁に足を動かす仕草を見せる人の中には、トイレに行きたいなどの理由で足を動かす人もいます。
特に部屋が冷えている場合はその傾向があります。
そのため会話を休憩する事によって、頻繁に足を動かす仕草が無くなる人もいます。
さらに会話中に横柄な態度で足を組む男性の心理状態は、相手の女性に対して自分が目上だと思っている人が多いです。
そのため態度が大きくて、言葉の内容も高圧的なケースが多いです。
そのような男性は恋人関係になっても、大きな態度を見せる事が多いために注意をしましょう。
また会話中に足を動かす仕草を見せない人は、相手の会話に集中している心理状態が推測できます。

スポンサーリンク