相手の眉と目の動きの仕草から奥底の心理を読み取ろう

スポンサーリンク

目は口程に物を言うという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
もちろん目の動きだけでなく眉の動きも含めて、このふたつの動きや仕草には大きな心理が隠されています。
たとえば、言葉では楽しいように話しているかもしれませんが、もしかしたら眉の間にしわがよっていたり、目があちこちにそれてしまっている仕草をしていては、とても楽しいと思っているようには感じませんよね。
また、目や眉の動きや仕草だけではなくて、目や眉そのものの形から相手の心理に影響を与えることもできます。
それは、もともとイメージにある印象で相手を見てしまうからと考えられています。
そのため、目や眉の動きから相手の心理をよみとることも可能であり、相手との関係をはかることもできます。
また、読み取るだけでなく、目や眉を意識的にコントロールすることで、相手の心理に影響を与えて自分の思う通りの印象を与えることもできるのです。
 このようなことから、恋愛場面において、相手が自分のことをどう思っているのかを確認するには、目や眉は判断材料としては比較的簡単にみることができます。

スポンサーリンク

 では、実際に目や眉の仕草や動きには具体的にどのような心理が隠されているのでしょうか。
たとえば、眉をしかめていたりしわを寄せていた場合、相手は自分にあまり良い印象を持っていないと考えられます。
しかし、リラックスした状態であれば、そのようなことは起こらないでしょう。
また、少しでもしわがよれば、話して出した話題に対してあまりいい思いをしていないということなので、その話題はすぐに辞めるなどといった対策ができますね。
他にも、話している最中の目線の動きや仕草にも注意するとさまざまな心理が得られます。
 動きや仕草だけでなくても、意識的に目や眉の形で相手の心理に影響を与えることができます。
上にも挙げた通り、あまり関わりたくないのであれば、眉間にしわをよせるなどといった仕草をしましょう。
しかし、好意をもってもらいたいのであれば、形や間隔をあけることでいろいろな印象を与えることができます。
たとえば、形にも多くありますが、太い形の場合、ボーイッシュさを出すことができますし、丸みのある形であれば、女性らしさを出すことができます。
また間隔を気を付けることでも、おおらかさをアピールできたりします。
 このように、相手の心理を仕草で読み取るだけでなく、与えたい印象を与えられるように努力していきましょう。

スポンサーリンク