目の動きを伴う仕草で心理状態を読み取る方法があります

スポンサーリンク

視線は、言葉に出さなくても動きによって、その人の心の動揺などが表れてしまう事があります。
目を使った仕草によって、心理状態を読み取る方法などもあります。
 例えば、何かの質問をしていて、含みをもたせながら問いただしたりした時に、相手が目を逸らす様な仕草を見せる場合、隠し事をもっている可能性があります。
心理状態としては、隠し事を知られたくない気持ちが働いています。
隠し事の内容は、浮気などの内容もあれば、日常生活における些細な内容の場合もあります。
目の動きは、人によって速さも様々です。
心理状態を読み取る方法としても、一瞬の動きを見逃さない事がポイントになります。
 心理状態については、物事に余り動じない人もいますので、目の動きを伴う仕草も、一瞬のコンマ単位での動きになる場合があります。
犯罪捜査などにおいても、プロファイリングとして、一瞬の表情、仕草による可能性などが指摘される事もあります。
一般的な生活においては、そこまで詳細な読み取る方法は必要ないとしても、目の動きが伴う仕草には、個人の気持ちが出てしまう事が多いのです。

スポンサーリンク

 目の動きが、何か動いたものに移動する仕草は、対象となるものが気になる心理状態が表れています。
心理状態を読み取る方法として、相手の目の動いた先、対象のものを観察する方法があります。
例えば、対象が人物の場合、相手とは違う異性などの場合には、その異性の存在が気になっている心理状態などが読み取る事ができます。
唯、目の動きを伴う仕草から心理状態を読み取る場合にも、現在の状況は考慮する必要があります。
誰かが動いた事に対して目が動いたとしても、特定の異性などではなく、周囲が気になっているという場合もあります。
相手の心の内を読み取る方法では、単一的な読みができる場合、現在相手が置かれている立場なども参考にすべき場合もあるのです。
 相手が誰かから叱責を受けている様な場面において、対峙する人ではなく、周囲へ目が動いている仕草の場合には、恥ずかしさを感じています。
周囲の人は、全く知らない人である場合もあれば、会社であれば、同僚や他の社員などの場合もあります。
心理状態としては、叱責されている場面を周囲に認知されて恥ずかしい、という気持ちなどがあります。
読み取る方法としても、会社内だった場合などは、多少の面識などもあるために、尚更強い恥ずかしい気持ちが生じている、という状態を読み取ります。
心理状態を読み取る方法は、読み取る人の分析力も養う必要があるといえます。

スポンサーリンク