目をこする仕草が意味する心理状態とは

スポンサーリンク

人と会話をしている時に目をこするといった仕草をする場合には、次の心理状態となっていることが多いです。
会話中に目をこするといった仕草を見せた場合において、その相手にとって知りたくない情報や内容があると判断することが出来ます。
目が顔のパーツの中でも本音が出やすい部分でもあるので、目をこするという仕草をすることで本音を隠すことが可能です。
そのような心理状態を読み取ることが出来る部分でもあるため、比較的相手の気持ちを察しやすいのもポイントです。
なので自分が話をしている時に、相手が目をこする機会が多くなったら要注意です。
相手に対して聞きたくない話をしている可能性があるため、すぐに話題を変えるなどする必要があります。
また自分の大切な人や親などが亡くなった場合でも、このような心理状態になることがあります。
目をこすることによって、相手に涙を見せたくないという心理状態となるケースもあります。
なので会話の内容によっては、必ずしも不快感を感じているとう意味する仕草ではないです。
悲しんでいるという心理状態のケースもあるため、その場合も無意識に目をこすることがあります。

スポンサーリンク

 基本的に男女関係なく目をこするという仕草が意味する心理状態として、相手の話しに不快感や悲しみを感じているケースが多いです。
しかし中にがそういったケース以外にも、目をこすってしまうことがあります。
それは花粉症やドライアイといった病気を発症しているケースで、このような場合で意味する心理状態は次の内容となります。
目がかゆいという心理状態になっていることが多く、それを紛らわすために目をこする仕草を行うことがあります。
目をこする仕草をすることで一時的にかゆみが治まるので、花粉症やドライアイを発症している場合に見せることもあります。
この場合における仕草の特徴として、会話をしていなくても目をこすってしまうことがあります。
花粉症やドライアイを発症している場合には、常に目がかゆいという現象に悩んでいることが多いです。
なので会話をしているかは関係なく、一人でいる時にも目をこすることがあります。
一人でいる時にもこのような仕草を見せる時には、不快感を感じているのではなく花粉症やドライアイといった病気が関係しています。

スポンサーリンク