仕草を真似することで好意を持ちやすくなる心理状態とは

スポンサーリンク

気になる相手や好意を持っている異性に対して、仕草を真似ることによって自然と親近感を持ちやすくなることがあります。
ミラーリング効果と呼ばれるもので、恋愛心理学で活用すると良い方法の一つとなっています。
ポイントとして、意識するのではなく無意識の中で相手の仕草を真似ることが重要となっています。
行動や仕草を真似るということは、相手に対して敵対心や警戒心を持っていないことを表しています。
比較的簡単に出来る方法となっており、相手に好意を持っている時ほど絶大な威力も発揮します。
恋愛成就における秘訣となっている心理学で、一例としてカフェで相手と同じタイミングで飲み物を飲む方法があります。
こういったことを繰り返すことによって、相手も自分に対して自然と好意を抱きやすくなる効果が得られます。
恋愛心理学において有効活用出来るので、好意を持っている異性がいたら積極的に仕草を真似すると良いです。
さりげなく行うことがポイントとなっており、あからさまに行うと逆効果になってしまうことがあります。
ですが上手に活用することによって、自分と似ているという心理状態や親近感を持たせることに成功します。

スポンサーリンク

 恋愛心理学においてミラーリング効果と呼ばれる方法では、相手のしぐさをさりげなく真似ることで好意を抱きやすくなります。
ですが仕草を真似るといったやり方について、意識しすぎると逆効果になってしまいます。
そうなると好意を持つどころが不快感を与えてしまうので、さりげなく行うことが重要です。
なので二人きりになった場合にも、必ずしも行わなければいけない仕草ではないです。
時々相手の仕草を真似るといった感じで、適度に行うことがポイントです。
そうすることで、自然と相手の心理状態においても安心感を与えることが出来ます。
またこの恋愛心理学を利用する注意点として、ある程度相手との信頼関係がないと成立しにくいです。
仮に好意を持っている異性がいた場合でも、初対面の時から行うと失敗してしまうこともあるので注意が必要です。
なので普通に世間話が出来るくらいの関係になった時に、この恋愛心理学を活用することが出来ます。
それを前提にした上で、好意を持った相手の仕草をさりげなく真似ることが重要です。
なおミラーリング効果は応用することも可能で、相手が手を組んだからこちらは足を組むなどの工夫も出来ます。

スポンサーリンク