女性が示す嫌い避けの態度を知って嫌われないように

スポンサーリンク

女性は、男性以上に恋愛事が好きな傾向を高く持ち合わせています。
そのため、嫌いに対する意識も強く嫌い避けが女性の態度として現れる場合もあるのです。
女性は、男性以上に美意識が強く、周りの空気に対しても意識が届きやすくなります。
女性が示す嫌い避けの態度の中には、積極的に質問を投げかける事はありません。
質問をすれば、嫌いな人からの息が周りに溢れる事になるためです。
質問をされたとしても、必要最低限の言葉で返す事がほとんどです。
この嫌い避けによる態度の中には、積極的に自身について語る姿はほぼありません。
意識される事に対して不愉快になる事もあるためです。
声のトーンは、嫌い避けの態度としての指標とする事も出来ます。
恋心を抱いている場合は、興奮状態が高まる中で声が高くなる傾向があるのです。
特に女性は、感情が表に現れやすく、よっぽど鈍感でなければその差は歴然と知る事も出来ます。
嫌い避けを行っている場合は、避けている事を隠す心理も働きやすくなる場合もあるのです。
その結果、抑制力が高まりやすく、たんたんとした言葉遣いになります。

スポンサーリンク

嫌い避けを行う女性の態度の中には、相手の名前を言わない場合もあります。
例えば、仕事で分からない事を尋ねる場合において、相手の名前を言わずにいきなり質問をする態度です。
人の記憶は、関連性のある記憶が近くに寄り添っていると言われています。
感情を伴った記憶もありまして、名前を意識する事で様々な記憶が想起され不愉快になってしまう事もあるのです。
そもそも、嫌い避けを行う女性の態度は、初対面で現れる事はありません。
長く接している間の中で、嫌い避けの態度を取るようになるのです。
男性自身に問題がある可能性も高く、自身の行動について省みる事も大切です。
意識的に嫌い避けの態度を示しているにも関わらず、心の奥底では喜んでいる場合もあります。
意外だと思われるかもしれませんが、女性は自身を美しく着飾る事で意識されたい思いを持ち合わせているためです。
嫌われていると感じれば、距離を取る事もポイントです。
意識されない事で、不満が生じ意識して欲しい恋心が生まれる可能性があるためです。

スポンサーリンク