好き避けで好きな男性に嫉妬を与えるテクニック

スポンサーリンク

好きな男性に対して、好き避けを行う事によって嫉妬を抱かせる事は可能です。
男性心理と女性心理に多少の違いがあるため、その心理の違いについて把握しておく事も大切です。
男性は意識されるよりも、意識したい気持ちが勝る傾向にあります。
女性は逆に、意識するよりも意識されたい気持ちが勝る傾向にあるのです。
この相反する意識は、磁石のプラスマイナスの様に働く事によって、お互いが結ばれやすくなるのです。
ただし、男性は短期間に複数の女性に生命を宿らせる事も出来ます。
女性は一人の男性のみから生命を宿らせる事しか出来ません。
そのため、好き避けによる嫉妬の抱き方は、女性とは少し違う場合もあるのです。
意識したい不満は、趣味や友達などへ意識を向ける事で代わりに満たされる事もあります。
他の女性に意識を向ければ、好き避けの効果が逆に働きまして、女性側が嫉妬を抱く事になりかねません。
女性は一人の異性に意識が高まりやすくなります。
その結果、好き避けは二人の関係事としての思いを抱きやすくなります。
女性自身が置かれている周りの環境に目を配る事も大切です。

スポンサーリンク

男性心理の中には、女性の顔を見たい欲求もあります。
その欲求に不満を与える事によって、嫉妬を抱かせる事も可能です。
欲求の中には、一度得た快感を再び味わいたい欲求もあります。
好きな男性に対して顔を見せる姿と、見せない姿を作り上げなければなりません。
異性に関わらず、嫉妬を抱く思いは同性に奪われた時に抱きやすくなります。
そのため、好き避けで避けるだけではいけません。
嫉妬を抱かせるための好き避けを行う場合は、好きな男性の同性との楽しい姿を見せつける事も重要なのです。
この楽しい姿は、あまり楽しすぎず、長すぎずのバランスが大切です。
好きでも無い相手が勘違いするかもしれません。
嫉妬が高まりすぎると、心身を壊すと体が危険を察知しまして、諦めてしまう可能性もあるためです。
好きな男性に対しては、より楽しんでいる姿を見せる事もポイントです。
私の事を好きだろうかと思う様々な事を考えさす事によって、好き避けによる嫉妬の効果を最大限に高める事も出来るためです。

スポンサーリンク