女性の好意あるサインで、勘違いしてしまう場面が随所にあります

スポンサーリンク

女性が異性に対する感情を示す場合と、男性が異性に感情を示す場合とでは、感じ方に違いも見られます。
 女性からの好意を感じるサインとしては、笑顔を送られた時があります。
男性同士の会話などでも、あの人が自分に微笑みかけてくれた、などでやや興奮気味になる人もいます。
女性の笑顔は、好意があるサインになる可能性はあります。
しかし、一方的な勘違いにならない注意も必要なのです。
何故かというと、男性の場合には、不必要な笑顔はチャラチャラしている様に捉えられてしまう事があります。
女性の場合には、相手に対する好意などを前提としなくても、誰にも笑顔で接するのが良しとされる場合もあるからです。
もっと踏み込んだ分析をすると、性別による教育の違いなども関係しているといえます。
 そのために、男性が笑顔は好意のあるサインと勘違いしてしまう事があるのです。
勘違いしてしまうケースが多い場合には、女性の笑顔は万人のもの、という捉え方をしておくと、勘違いも抑止できる方向に繋がります。

スポンサーリンク

 女性の好意あるサインとしては、軽いボディタッチなどもあります。
男性からボディタッチを行うと、セクハラと勘違いされる場合もあるため、男性は用心をしている場合も多いのです。
逆に、女性からの軽いボディタッチであれば、男性にしてみると、まずはドキッとする場面もあります。
驚きながらも、ひょっとして自分への好意あるサインでは、と勘違いしてしまう事があるのです。
ボディタッチをしてくるなどは、余り多く見られる光景とは言い切れませんが、女性の中には、男性への接触を気軽に行う人も存在します。
特定の男性だけに行っているとは限らない、という事を考慮しておけば、勘違いも少なくなるといえます。
 女性の好意をもったサインとして見られるのは、手を振って挨拶してくるなどの場面もあります。
会釈程度であれば、通常の挨拶になりますが、手を振ってくるなどの場合には、更に大きな挨拶表現に繋がり、勘違いしてしまう事があります。
同性同士の別れ際に行う場合もあるため、必ずしも好意のあるサインとは言えないのです。
日常的な場面で誰に対しても行っているなど、目視確認してみると、心の中でも納得がいき、勘違いが少なくなります。

スポンサーリンク