車の色で心理状態を分析できますが、性格が色の選択にも関係します

スポンサーリンク

車に乗る場合には、購入する際に色を選択する場面があります。
所有者の心理状態や性格が関係してくるため、心の内側を分析する事にも繋がります。
 車の色で、赤を選択している人の心理状態は、オープンな性格などが関係しています。
赤は、一般的に見ると、目立つ印象があります。
人によっては、赤などの目立つ系統は、自分の周囲に置けないという場合もあるほどです。
物事なども包み隠さず、オープンにする事が多く、自分の行動にも自信をもった状態の人が多く見られます。
 自信は、周囲の視線などを受ける場合にも関係してきます。
周囲から注目を浴びる様な場面は、生活や仕事の場にも存在します。
車の色で赤を選択する人は、心理状態にも自分の行動に対する自信を有しているケースが多くなります。
 車の色は、心理状態を探る事もできますが、元々の性格が関係して、色の選択に繋がっている場合も多いのです。
そのため、車のセールスマンが、相手の性格を分析しながら、見合ったものを推奨する場合も多く見られます。

スポンサーリンク

 車の色は、家族関係などが心理状態に関係している場合もあります。
例えば、独身の場合には、自分の好みが反映される場合は多いですが、結婚して新しい家族が増えると、保守的な色を好む事があります。
ここでいう保守的というのは、多くの人に利用されているという意味でもあります。
白などは、印象としても清潔感などに繋がりますので、選択する人の心理状態も周囲に合わせる気持ちを有しているといえます。
家族みんなで利用する場合が多い時には、自分の好みよりも、家族全体を考えた車の色を選択する場合も出てくるのです。
 車の色でピンクなどを選択する人の心理状態は、可愛らしさや女性らしさを優先した気持ちの人が多く見られます。
ピンクの場合には、やはり女性が選択するケースは多く、若い女性が選択する傾向も見られます。
車でピンクを選択する人の場合、普段の自分の生活周辺でも、ピンクのものを所有しているケースも多く見られます。
関係する性格も、女性としての拘りをもっている場合が多くなります。

スポンサーリンク