仕草を真似する心理とは

スポンサーリンク

仕草を真似する心理とは、どのようなものなのか考えたことはあるでしょうか。
仕草を真似する理由として一番考えられることは、相手に同調していることを示すことや相手に好意を持っていることを表すことでもあります。
相手の仕草を無意識に真似することをミラーリング効果といいます。
相手に自分が好意を持っていると気づいてほしかったり、相手のようになりたい。
と思うようになると自然とそれに近いことをします。
その行動によって相手と無意識のうちに通じ合うことができるようになるのです。
わかりやすい例としては共感です。
例えば、人が笑っていたら、自分もつられて笑ってしまうことがあります。
こういったとき相手と話が合い、共感し合うことができるようになると思います。
すると自然と打ち解けあうことができるのです。

スポンサーリンク

 

上記で説明したようなことでももちろんわかりやすいのですが一番わかりやすいのは、恋愛です。
恋愛も共感と同じような感じで、好きな相手とずっと一緒にいるうち真似をしているつもりはないのですが、自然と同じ仕草をとってしまったり、気が付いたら同じ仕草になっていた。
などということがあると思います。
もちろん一緒にいる時間が多ければ仕草も移ってきますが、相手に興味がなかったり、関心がなかったら、相手のことをみよう。
とも思わないと思いますし、結果仕草を真似することもないと考えられます。
ですので、仕草を真似する心理としては、やはり相手に好意があるということが一番考えられるのだと思います。
また、人間は自分と同じような仕草をしている人を好きになる類にの法則というものももっているのです。

スポンサーリンク